Interviewインタビュー

成長しながら働き続けることに
ゴールがある

Interview 07

西谷 健Nishitani Ken

ライフスタイルプロデューサー
2017年入社

前職

新卒

現在

ライフスタイルプロデューサー

オレンジハウスのインターンシップに参加した学生が、スタッフにインタビューしました!

Q.オレンジハウスに入社した理由を教えてください。

最初はオレンジハウスのことを知りませんでした。大学のゼミで地域経済を学んでおり、その中で地域活性・リノベーションに関する内容を学び、そこから建築系に興味をもったのがきっかけで、建築系の会社に就職しようと思いました。でも、大学では経済を学んできたので、建築についての知識がなく、建築系の会社に門前払いされたり、履歴書だけで落とされたりしました。その中でオレンジハウスに出会いました。オレンジハウスは、専門性や知識があるかないかはこだわっていなくて、どれだけ考え方が合うかで判断してくれました。また、説明会の中で様々な社員さんと話すこともでき、入社する前に社内の雰囲気がよくわかったことも、入社を決めた理由の一つです。

Q.現在はどのようなお仕事をしていらっしゃいますか。

ライフスタイルプロデューサーとして新築部で仕事をしています。ライフスタイルプロデューサーは、簡単に言うとお客様の窓口として、オレンジハウスに来てくださったお客様に対して一番最初に接客する人です。そこでどのような家に住みたいのか、予算はどうするのかなどのご要望を聞き、どのように提案していくかをチームで考えていきます。

Q. 入社してから今までの間で、印象に残っているエピソードはありますか。

入社してからの研修で、採用活動をさせていただいたことです。他者も巻き込んで、自分たちの後輩を見つけるという使命をいただいて、何もわからない状態でとりあえずやってみるということで取り組みました。入社してから1、2か月の時に、採用という会社にとって大切なことを新入社員に企画させてくれることが、オレンジハウスのすごいところであると感じています。

Q.就活生に向けてメッセージをお願いします。 

就職活動をしている時に、世間一般に言われている良い会社に就職することがゴールではなく、入社してから成長しながら働き続けることにゴールがあると思うので、こういった軸をぶらさずに、就職活動をしていくことが大切であると思います。自分にあった会社、自分が成長できる会社を選ぶことが大切です。

Q. 自分に合った会社を見極めるためにはどうすればよいですか。

社員さんの座談会で様々な話を聞くことが大切だと思います。オレンジハウスは、座談会の時に、他の会社は社員が1、2人くらいしか来ていないのに対して、5、6人来ていて会社の雰囲気がよくわかり、会社を選ぶ基準の一つになりました。

Q. 今後の目標を教えてください。

来年入ってくる後輩に対して、しっかり指導することができるように勉強していきたいです。頼れる先輩になりたいと思います!