ホーム > 施工事例のご紹介 > 01. 大得意 驚きの外壁リフォーム例 3件

施工事例のご紹介 はてなブックマークに追加

施工例TOPに戻る

01. 大得意 驚きの外壁リフォーム例 3件

静岡市駒形通S様邸 サイディング 外壁リフォーム 施工例 静岡

築20年以上のプレハブ住宅です。リフォームのきっかけは外壁が汚れてきていたのと松下電工の展示会にご来場いただいたことです。

 

工事内容は既存の雨戸と鉄製のバルコニーを取って木で下地を作りました。その上に内の湿気を外に出すが外の水は入れない透湿防水紙デュポン社のタイベックシートを貼りました。その上に松下電工のセラミック塗装の15ミリのサイディングを貼りました。普通のセメント系のサイディングと違って雨で汚れがおちる特別な塗装をしてあるので約20〜30年の耐久性があります。価格は少々高いのですが結局安いと思います。(材料代だけ高くなりますが)サイディングも金具で止めてありますので釘も目立ちません。柄も石目柄で明るい赤の基調で欧風の住宅になりました。

 

静岡市用宗T様邸

このお宅も3階建てセメント系サイディングでした。コーキングも切れていました。耐久性のある松下電工のフッ素ガリバリウムのはる一番Vシリーズ最新商品を上から貼りました。一見セメント系サイディングに見えますが違います。メーカーによると再塗装まで20年は大丈夫だそうです。

 

静岡市常磐町I様邸

築8年の木造3階建てです。リフォームのきっかけは、両サイドの金属サイディング(ヨドコウ製)が汚れてきたのと前面のセメント系サイディングがひび割れてきたことです。工事内容は前面のサイディングをはがして、新しい砂岩調のサイディングを金具で貼りました。

 

結果的によかったのは3階建てのお宅でセメント系サイディングを釘で止めてしまうと 建物が揺れて釘頭のところから割れて水が入ってしまうからほっておくと大変なことになるのです。(実際に木が傷んでいました。)
5〜6年前まで住宅メーカーはじめ大工さん達は、こういう工事をやっていました。鉄骨でも木造でも3階建てでセメント系のサイディングをビスや釘で止めてあるお宅は、すぐに直しましょう。建物 に水が入っています。塗装ではゼッタイに止まりません。
※金具止めのセラミックサイディングか金属系サイディングでないと建物の揺れについていけません

ORANGE HOUSE DESIGN 施工事例フォトギャラリーはこちら PCサイト スマホサイト